2007年01月11日

情報商材とは・その流れ

最近話題の情報商材ですが、いったいどんなものなのでしょう?
情報商材とは、その名の通り「情報を商材として売っているもの」を意味します。

情報商材は、作者がもっている経験や知識などをEブックや冊子にして販売しているものです。

役立つ情報が詰め込まれているから情報商材は高いです。

有名な起業家のセミナーともなれば数万円、数十万円は当たり前です。
お金にみあうだけの価値があると思うからでしょう。

高い値段はそれだけの価値が詰め込まれていることの証でもあるのです。
もちろん中には粗悪な情報商材もありますから、購入したりするときには注意しなければなりません。


流れとしては最初に、アフィリエイター(情報起業家)はASPに登録します。
自分が好きな情報商材を選び、その情報商材を紹介するのです。

自分のアフィリエイトリンクから情報商材の購入があったら、売り上げの20%〜70%程度をもらえる、という仕組みです。


ASPというのはinfotopインフォカートインフォスタイルなどで、
情報商材を売りたい人と、アフィリエイトしたい人とを結びつける役割をしてくれています。
posted by 情報商材Watch! at 07:44| Comment(30) | TrackBack(7) | 情報商材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。